丹下左膳(DVD3枚組+特別小冊子付)

¥ 11,988

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

真の正義を描いた川内康範作品、続々登場!

脚本・川内康範が織りなす、幾重にも張り巡らされた伏線の数々―。
そしてその幾筋もの支流がやがて大河のごとくクライマックスへと導く壮大な人情活劇、ここに登場。

宣弘社、最後の幻の作品いまここによみがえる
「丹下左膳」が50年の時を経て初パッケージ化 ‼

丹下左膳は、1965年10月6日から1966年3月30日までTBS系列にて毎週水曜21時から放送された30分番組。


■丹下左膳とは?
「旗本退屈男」の早乙女主水之介、「新選組始末記」の近藤勇で人気を博した中村竹弥が主演を務めるほか、「隠密剣士」の牧冬吉、天津敏、砂塚秀夫ほか、瑳川哲朗、小山明子、花沢徳衛、楠トシエら時代を代表する人気俳優が多数出演。
「隠密剣士」の人気冷めやらぬ昭和40年に「月光仮面」のスタッフが再び集結し製作された人気娯楽時代劇である。制作には月光仮面のスタッフが結集。脚本は川内康範、プロデューサーは小林利雄、西村俊一、監督は船床定男、撮影は中町武、音楽は小川寛興、製作主任に野木小四郎。

■ストーリー
黒襟白地の着流しに隻眼隻腕、無双の剣士。姓は丹下、名は左膳……迫りくる剣客をばったばったとなぎ倒す痛快無比の正義の味方、その名は丹下左膳。
柳生家に伝わる一見、何の変哲もない「こけ猿の壺」。だが、この壺こそ柳生家に代々伝わる家宝であり、この壺に先祖が埋め隠した百万両のありかが示されているのだ。主を失い流浪をはじめた「こけ猿の壺」。ある時は道具屋へ、またある時は大江戸の遊技場へ…。
柳生家の家宝、百万両の壺とよばれる「こけ猿の壺」を巡り柳生家と公儀徳川との争いが始まる。

【出演】
丹下左膳/中村竹弥、ちよび安/大森俊介、柳生対馬守/友田輝、柳生源三郎/菅貫太郎、安積玄心斉/若宮忠三郎、一風宗匠/藤原釜足、将軍吉宗/山本学、愚楽老人/花沢徳衛、鼓の与吉/砂塚秀夫、峰丹波/瑳川哲朗、お新/三影千絵、蒲生泰軒/戸上城太郎、玄心斎/若宮忠三郎、門之丞/小倉雄三ほか

【メインスタッフ】
製作/小林利雄、西村俊一、原作/林不忘、脚本/川内康範、監督/船床定男、撮影/中町武、美術/阿部三郎、音楽/小川寛興、照明/榑松良司、助監督/菊地奛、殺陣/桜井美智夫、桜井剣技会、編集/角井美知子、効果/山辺信雄、製作主任/野木小四郎、衣裳/大和衣裳、協力/東京明治座通り「錦や」、結髪/川口かつら店、小道具/高津映画装飾、録音/アオイ・スタジオ、現像/東京テレビ映画社、ナレーター/市原信義(TBSアナウンサー)

【特典小冊子】
12ページにわたり、宣弘社秘蔵のスチル写真を中心に、昭和40年のTBSニュース掲載の「丹下左膳」、「中村竹弥」に関する貴重資料を紹介!中村竹弥をはじめ、監督、脚本、共演者らによるロケ現場の様子、往時のインタビュー、原作者・林不忘の執筆裏話など、作品や撮影にまつわるさまざまな証言を余すことなく掲載。 

■仕様:
商品番号:HUM-305/定価:15,000円(+税)/総再生時間:約650分/片面1層・3枚組/12ページ小冊子付録

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する